民宿むろう 彩り鮮やかな室生の自然と薬膳料理

室生に語り継がれる唄。

2020/07/21 むろうブログ

梅雨の晴れ間。 暑い‥暑すぎます。。 本日。 暑さにも 疫病にも負けない 熱い祈りの 熱唱 続きます。 皆様に、日常が戻りますように! 今日は「御影供」 お大師さんに奥の院での法要です。 奥の院の回廊をグルーっと歩くと 木々の合間からこんな山が見れます。 「安養岳」あんようだけ 別名「菅間出金剛」です。 いつ頃からか‥ こんな語り継がれる唄があります。 『金が欲しくば 菅間出金剛 三つ葉ウツギ🌱のその下に 黄金(おうごん)千がん 黄金金(こがね)千がん』 語り継がれると言っても、 もぅこの唄を歌える方はほとんどいないんですけど。。 1千年以上前から霊山室生として名が知れた郷。 江戸中期、徳川家との大きな繋がりがある、 この室生の地で‥ さて。 黄金は埋まってるんでしょうかね〜^_^ 室生寺と言えば この五重の塔。 建物や、周りにも。 いろいろ伝説があります。 人の少ない、この時期に、 ゆっくりと拝観してはいかがでしょうか。